臨床的価値

硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔の安全性、速度、効率を向上させます。

アキュロは、94%*を超える成功率で硬膜外の位置を自動的に特定するため、最も困難な患者でも、硬膜外または脊髄を実行する際に自信を持っていただけます。

Accuroの自動化された3D脊椎ナビゲーション技術は臨床的に証明されています

•最初の試みの成功率を上げる。
•ニードルパスを減らします。
•配置時間を短縮します。
•そして、疼痛管理に対する患者の満足度を大幅に向上させます。

まとめると、これらの利点はケアのコストを大幅に削減します。お問い合わせAccuroがどのようにあなたのヘルスケアシステムに価値を付加するかについての個人化された分析を得るために。

Accuro device scanning spine

臨床的に証明された利点

Grau T、etal。 硬膜外穿刺が困難と推定される場合の超音波制御。 Acta AnaesthesiolScand。 45:766-771, 2001.

Grau T、etal。 超音波イメージングは、脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔を組み合わせた場合の硬膜外腔の位置特定を容易にします。 Reg Anesth PainMed。 26:64-67、2001。

Grau T、etal。 産科硬膜外麻酔における超音波画像診断の有効性。 J Clin Anesth 14:169-175, 2002.

ヴァレーホM他 超音波は、常駐研修生の分娩硬膜外麻酔の失敗率を低下させます。 Int J Obstet Anesth 19:373-378, 2010.

Chin K、etal。 超音波画像診断は、表面の解剖学的ランドマークが難しい成人の脊髄くも膜下麻酔を容易にします。 麻酔学。 115:94-101, 2011.

Grau T、etal。 脊髄くも膜下硬膜外麻酔の組み合わせのリアルタイム超音波観察。 Eur J Anaesthesiol 21:25-31, 2004.

野村J他 超音波支援腰椎穿刺のランダム化比較試験。 J超音波医学。 26:1341-1348、2007。

ワン・チャン他 超音波は、肥満の分娩者における脊髄くも膜下硬膜外穿刺の組み合わせの識別を容易にします。 Chin Med J(英語)。 125:3840-3843, 2012.

アンサリTら 産科における超音波ガイド下脊椎麻酔:脊椎が容易に触知できる患者の画期的な技術に勝る利点はありますか? Int J Obstet Anesth 23:213-216, 2014.

Lim Y、etal。 超音波支援脊髄くも膜下麻酔のランダム化比較試験。 Anaesth集中治療。 42:191-198, 2014.

Mofidi M、etal。 救急科での超音波ガイド下腰椎穿刺:時間の節約と合併症の軽減。 J Res MedSci。 18:303-307, 2013.

Sahin T、etal。 妊娠中の脊髄くも膜下麻酔のための挿入前超音波ガイダンスのランダム化比較試験:肥満および痩せた出産者の間の結果:妊娠中の脊髄くも膜下麻酔のための超音波。 Jアネス。 28:413-419, 2014.

Perlas A、etal。 脊髄および硬膜外麻酔のための腰部脊髄幹超音波:系統的レビューとメタアナリシス。RegAnesthPainMed。 2016年3月-4月; 41(2):251-60。

注意:複数の研究から、腰椎穿刺または硬膜外カテーテル挿入の失敗のリスクが79%減少すると推定されています(Perlas et al 2016)

注意:複数の研究から外傷性手技のリスクが73%減少すると推定されています(Perlas et al 2016)

出版物

臨床出版物

D. Ghisi et al。、 “整形外科手術を受けている肥満患者に対するアキュロと触診ガイド下脊椎麻酔のランダム化比較。」 Reg Anesth PainMed。 2019年10月; 2019-100538。

Singla et al。、 “腰部超音波画像の自動解釈を使用した脊髄くも膜下麻酔配置の実現可能性:前向きランダム化比較試験。」 J Anesth ClinRes。 2019; 10:878。

B. Carvalho et al。、 “脊髄幹麻酔およびランドマーク評価のためのハンドヘルドおよびコンソール超音波装置の比較精度。」 Int J Obstet Anesth 2019年8月; 39:68-73。

G. Capogna、etal。 「「硬膜外腔の深さを測定するためのSpineNav3DTMテクノロジーの精度:妊娠中のボランティアにおける標準的な超音波技術との比較」OpenJournal of Anesthesiology、2018; 8(4):113-122。

K. Seligman、et al。、“脊髄幹麻酔およびランドマーク評価のためのハンドヘルド超音波装置の精度:前向きコホート試験。」 麻酔と鎮痛。 2018; 126(6):1995-1998。

J. Ramteke、et al。、「新技術:硬膜外腔のハンドヘルド超音波支援ローカリゼーション」。 サウジJアナエス[serial online]2018年[cited 2018 Mar 16]; 12:365-7。 から入手可能: http://www.saudija.org/text.asp?2018/12/2/365/227022

M. Tiouririne、et al、“腰椎の解剖学的構造のリアルタイムコンピュータ支援検出を備えたハンドヘルド超音波システムのイメージング性能:実現可能性研究。」 Investigative Radiology. 2017; 52(8):447-455。

技術出版物

M. Tiouririne、et al、脊椎のハンドヘルドリアルタイムボリュームイメージング:技術開発。 Journal of Medical Engineering&Technology。 巻 38(2)、pp。100-103、2014。

K. Owen、et al、セクタースキャンを使用した仰角および方位角のモーショントラッキングの改善。 超音波、強誘電体、および周波数制御に関するIEEEトランザクション。 巻 60、No。4、pp。671– 684、2013。

FW Mauldin、Jr.、et al、従来の医療用超音波による診断用骨イメージングに共通するアーチファクトに対するトランスデューサーの形状の影響。 超音波、強誘電体、および周波数制御に関するIEEEトランザクション。 巻 59、いいえ。 6、pp。1101-1114、2012。 PMID:22711406

FW Mauldin、Jr.、et al、機械的にスキャンされたピストントランスデューサーを使用した医療用超音波による診断用骨イメージングにおける軸外鏡面反射アーチファクトの軽減。 2011 IEEE Ultrasonics Symposium、フロリダ州オーランド、pp。385-388、2011。

K. Owen、et al、視野が拡大された低コストの超音波システム用の超音波信号の無相関化と光学センサーデータの組み合わせを使用したトランスデューサーの動きの推定。 2011 IEEE Ultrasonics Symposium、フロリダ州オーランド、pp.1431-1434、2011年。

FW Mauldin、Jr.、et al、硬膜外麻酔ガイダンスのための医療用超音波による3次元脊椎骨イメージング。 2011 IEEE Ultrasonics Symposium、フロリダ州オーランド。 pp.238-241、2011。

臨床プレゼンテーション

J. Pan、et al、「帝王切開分娩麻酔におけるランドマークの触診とポケットサイズのハンドヘルド超音波(U / S)法の使用の間の脊髄ブロック配置の成功の評価」麻酔学、カリフォルニア州サンフランシスコ、2018年10月。

M. Kimizuka、et al、「Effectivenessof Accuro(硬膜外麻酔用のハンドヘルド超音波装置)」麻酔学、カリフォルニア州サンフランシスコ、2018年10月。

P.ピネド他、「硬膜外血液パッチと硬膜外腔の特定–改善の余地はありますか? 」Euroanaesthesia2018:European Anaesthesiology Congress、35(56)、2018年6月、103〜104ページ。

J. Caicedo、et al、「パターン認識を備えた新しい2D-3D超音波システムと腰椎の評価のための従来の2D超音波システムの比較:ボランティアでのコホート研究」SOAP第50回年次総会、マイアミ、2018年5月。

J. Chadha、et al、「ランドマークの触診とポケットサイズのハンドヘルド超音波(U / S)法の使用の間の脊髄幹麻酔の成功の評価」SOAP第50回年次総会、マイアミ、2018年5月。

D. Van Hecke、et al、「通常の超音波検査に対する脊髄くも膜下麻酔のためのオリジナルのミニチュア自動超音波ベースのシステム:予備的な症例シリーズ」Euroanaesthesia 2017:European Anaesthesiology Congress、34(55)、2017年6月、95-96ページ。

L. Powlovich et al、「腰椎超音波画像の自動解釈は、トレーニング中の居住者の帝王切開のための脊椎麻酔配置の成功率を高めますか?」 SOAP第49回年次総会、ベルビュー、2017年5月。

R. Shankar et al、「古い問題のための新技術:脊柱側弯症脊椎手術の病歴のある出産者における超音波支援脊椎麻酔。」 SOAP第49回年次総会、ベルビュー、2017年5月。

K.Seligman、et al、“分娩硬膜外投与を受けるコホートにおける脊髄幹深さとランドマーク評価のためのハンドヘルド超音波装置と従来の超音波の精度。」 SOAP第49回年次総会、ベルビュー、2017年5月。

K.Seligman、et al、“脊髄幹麻酔およびランドマーク評価のためのハンドヘルド超音波装置および従来の超音波の精度。」第42回地域麻酔および急性疼痛医学会議、サンフランシスコ、2017年4月

ブレンダン・カルバリョ、「脊髄幹超音波:学ぶ時間と取り残されない時間。」 SOAP SOLシュナイダー、サンフランシスコ、2017年3月

M. Tiouririne et al、「脊椎および硬膜外配置用の専用ハンドヘルド超音波システム」。 麻酔学。 カリフォルニア州サンディエゴ、2015年10月。

M. Tiouririne、et al、「超音波支援硬膜外および脊髄配置のためのハンドヘルド超音波イメージングシステムの評価」。 欧州地域麻酔学会。 リュブリャナ、スロベニア、2015年9月。

A. Sardesai、「超音波装置技術の進歩と将来のトレンド」。 AORA2015。 バンガロール、インド、2015年9月。

* M. Tiouririne、et al。、「腰椎の解剖学的構造のリアルタイムコンピュータ支援検出を備えたハンドヘルド超音波システムのイメージング性能:実現可能性研究」。調査放射線学。 2017; 52(8):1-8。研究は、肥満と正常の両方のBMI被験者の腰椎領域で実施されました。

**合併症の発生率と時間の短縮は、Singla、et al。、2019など、このページで参照されている研究に基づく代表的な数値です。